2014年

1.2014年度大会の報告

  2014年度の大会は、75日(土)1300より、三田キャンパス南校舎455教室にて開催された。出席者は約50名であった。

 

1-1. 自由報告

 自由報告は、山腰修三氏(慶應義塾大学)の司会のもと1315より行われた。
1.(修論報告)齋藤央典(慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程)

「批判的思考への動機付け――好奇心の観点から」

2.(修論報告)宋愛(慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程)

「中国社会における二つの輿論の乖離と統合――ロンドン五輪をめぐる中国メディアの言説を事例として」

 

1-2. シンポジウム 「在日外国人・マイノリティの現在――移住と定住をめぐって」

シンポジウムは、柏崎千佳子氏(慶應義塾大学)の司会のもと1430より行われた。 

【報告】

1.坪谷美欧子(横浜市立大学)

「外国につながる子どもたちの高校進学――神奈川県立高校におけるニューカマー生徒の事例から」

2.李洪章(神戸学院大学)

「朝鮮籍在日朝鮮人の「共和国」をめぐる語り――ナショナル・アイデンティティ論の視角から」

3.福田友子(千葉大学)

「パキスタン人移民のエスニック・ビジネスと越境する親族」

4.鄭暎惠(大妻女子大学)

「外国籍移住女性をめぐる問題――日本で定住することの困難」

コメンテーター: 塩原良和(慶應義塾大学)

 

1-3.総会の報告

1300分より、総会が開催され、会長挨拶の後、事務局より、2013年度会計報告、同会計監査報告、2014年度予算案、規約改正案等について説明が行われ、それぞれ承認を得た。

 

1-4.懇親会の報告

 三田・大連にて、1830分より、2時間ほど開催された。出席者は10名であった。

Comments