2013年

1.2013年度大会の報告

  2013年度の大会は、76日(土)1300より、三田キャンパス南校舎455教室にて開催された。出席者は約70名であった。

 

1-1. 自由報告

 自由報告は、山腰修三氏(慶應義塾大学)の司会にもと1315より行われた。
1.(修論報告)山本直子(慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程)

「日本における公立学校の日本語指導員が果たす『スクール多文化ソーシャルワーカー』としての役割―愛知県豊田市の事例からの考察―」

2.(一般報告)鳥越信吾(慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程)

「〈生きられる共時性〉と〈同時性〉」

 

1-2. シンポジウム 「生きられる経験/当事者/当事者研究」

シンポジウムは、岡原正幸氏(慶應義塾大学)の司会のもと1430より行われた。 

【報告】

1.熊谷晋一郎(小児科医・東京大学特任講師)「生き延びるための研究」「当事者研究の背景と理論」

2.綾屋紗月(東京大学特任研究員)「生き延びるための研究」「実践『塊魂(かたまりだましい)』と向き合う?『社会性の障害』を問い直す当事者研究」

3.宮下阿子(法政大学大学院社会学研究科博士課程)「当事者と他者のあいだで-<摂食障害>の生きられた経験へ」

4.澤田唯人(慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程、日本学術振興会)「“臨床現象学”は社会学に何をもたらすか?構築主義のあとで〈生きられた経験〉を問うこと」

コメンテーター: 小倉康嗣(立教大学)・好井裕明(日本大学)

 

1-3.総会の報告

1300分より、総会が開催され、会長挨拶の後、事務局より、2012年度会計報告、同会計監査報告、2013年度予算案等について説明が行われ、それぞれ承認を得た。

 

1-4.懇親会の報告

 三田・大連にて、1830分より、2時間ほど開催された。出席者は12名であった。

Comments