2008年

1.2008年度大会の報告

  2008年度の大会は、7月12日(土)1000より、三田キャンパス西校舎512教室にて開催された。出席者は106名であった。

 

1-1自由報告

 自由報告は、有末賢氏(慶應義塾大学法学部)の司会で1000から行われた。

1)塚田修一(慶應義塾大学社会学研究科)日露戦争の記憶の“敗戦後”史―横須賀・記念艦「三笠」を中心に

2)金雪(慶應義塾大学法学研究科) メディア利用行動とアイデンティティの変容―中国朝鮮族の事例分析

3)吉村治正(青森大学社会学部) 回収率の向上は非回答バイアスを減少させるか―青森における実験的郵送調査の結果から

 

1-2. 慶應義塾創立150年記念講演 「慶應義塾の社会学―回顧と展望」 

今回は特別企画として150年記念講演が上記のテーマで大石裕氏(慶應義塾大学法学部)の司会のもと
13
15より行われた。

 

1)藤田弘夫(慶應義塾大学文学部)              社会学

2)青池愼一(慶應義塾大学名誉教授)         社会心理学

3) 鈴木正崇(慶應義塾大学文学部)             文化人類学

4) 鶴木真(東京大学名誉教授)                      マス・コミュニケーション研究

 

1-3. シンポジウム「古書流通から見た地域社会―古書の町・ブックタウン運動を考える」

記念講演後、シンポジウムが上記のテーマで熊田俊郎氏(駿河台大学)の司会のもと1515より行われた。

 

報告者 

1)藤田弘夫(慶應義塾大学文学部)   「古書の町から見えてくるもの」

2)大内田鶴子(江戸川大学)         「古書流通と神保町(日本)

3)皆吉淳平(芝浦工業大学)           「ヘイ・オン・ワイとチャリングクロス(英国)

4)石井清輝(城西大学)               「高遠・只見と不忍ブックストリート(日本)

コメンテーター 

·         土居洋平(山形短期大学)          地域振興の観点から

·         高岡文章(福岡女学院大学    ツーリズムの観点から

尚、記念講演とシンポジウムに基づき、学会誌『三田社会学』第14号(2009年7月刊行予定)で特集を組む予定である。


1-4.総会の報告

 自由報告と記念講演の間、1300分より、総会が開催され、前会長、新会長挨拶の後、事務局より、

2007年度会計報告、同会計監査報告、2008年度予算案について説明が行われ、それぞれ承認を得た。

 

1-5.懇親会の報告

 三田・中華飯店にて、18時30分より、1時間半ほど開催された。出席者は24名であった。

 


Comments