2006年

1. 2006年度大会の報告

 2006年度の大会は、7月8日(土)13時30分より、三田の西校舎513番教室にて開催された。出席者は〇〇名であった。

1-1 自由報告

 自由報告は、菅野博史氏(帝京大学)の司会で行われた。

 (1)皆吉淳平氏(慶應義塾大学大学院)
   「イギリス社会学史におけるゴルトンの『優生学』」

 (2)藤原眞砂氏(島根県立大学総合政策学部)
   「ホワイトカラーのワークライフバランス」


1-2 シンポジウム 「メディア研究におけるフレーム分析」

 報告者
 (1)竹下俊郎氏(明治大学)
  「議題設定とフレーミング ― 属性型議題設定の2つの次元」

 (2)藤田真文氏(法政大学)
  「フレーム分析再評価 ― 言語と認知の観点から」

 (3)大石裕氏(慶應義塾大学)
  「メディア・フレームと社会運動 ― 戦後社会の文脈から」

 コメンテーター
 萩原滋氏(慶應義塾大学)
 伊藤守氏(早稲田大学)

 司会
 李光鎬氏(東京工科大学)



Comments