学会誌『三田社会学』


『三 田社会学』電子版

                            『三田社会学』投稿規定および執筆要項

投稿規定

1.本誌への投稿資格を有するものは、三田社会学会会員とする。投稿時点で会員でないものは、掲載号発行までに会員となること。但し、編集委員会が原稿を依頼するものはこの限りでない。

2.本誌に投稿する論文等は、未発表のものに限る。但し、口頭発表はこの限りでない。

3.本誌に掲載された著作物の著作権のうち、複製権、公衆送信・伝達権は、三田社会学会に帰属する。ただし、著作者自身による複製、公衆送信・伝達については、著作者からの申し出がなくてもこれを許諾する。

4.論文の投稿を希望するものは、指定された期日までに、事務局宛に査読用原稿1部を郵送すること。その後、編集委員会の指示に従い、原稿の電子データ(MS Word対応)を速やかに提出すること。

5.「ビューポイント」に投稿を希望するものは、審査用原稿1部及び専任職のある会員の閲読を受けてその推薦状1部(書式自由)を事務局宛に郵送すること。その後、編集委員会の指示に従い、原稿の電子データ(MS Word対応)を速やかに提出すること。

6.原稿の執筆にあたっては、別に掲げる「執筆要項」によること。

7.論文の投稿原稿の掲載の可否は、編集委員会が選定した査読者による査読を経て決定する。

8.ビューポイントの原稿の掲載の可否は編集委員会が決定する。

9.査読及び審査終了後、掲載が決定した完成原稿を電子データ(MS Word対応)及びワープロ原稿で提出すること。


10
.原稿の提出方法について、とくに編集委員会の指示がある場合にはこれに従うこと。

20141022日改訂)

執筆要項

1.原稿はすべてワープロ原稿による提出とし、各ページに通し番号を明記すること。

2.原稿の分量は、以下の範囲とする(図表、注、文献リストを含む)。

  「投稿論文」:14ページ

「ビューポイント」:4ページ

3.論文には、英文のタイトルを付けること。

4.原稿の書式は下の原則に従うこと。

1)原稿は横書きとする。

2)原稿は、A4版の用紙を縦に使い、40字×35行を1ページとする。

3)引用文献の記載の形式は、American  Journal of  Sociologyに従う。本文中には(著者名、発表年、ページ)のみ記すこと。

    なお、引用した文献等は末尾に文献リストとしてまとめること。文献リストは、著者名、発表年、論文名、書名・雑誌名、巻号、所在ページの順で記載すること。著者名のアルファベット順にならべること。和文文献については、書名・雑誌名を『 』で、論文名を「 」でくくる。また、欧文文献については、欧文書名・雑誌名をイタリック体(またはアンダーライン)で表示し、欧文論文名を“ ”(クォーテーション・マーク)でくくる。

4)注は本文中に 1) のように番号を入れ、文献リストの前にまとめること。

5)引用文献のみを示す注は、3)の形式により本文中に記すこと。

6)図表は、原稿中に挿入箇所を指示すること。

7)本文中の小見出しの表記は下のようにすること。

 章:1.〜   2.〜  3.〜 

 節:(1) 〜           (2) 〜  (3) 〜 

 項: 1) 〜           2) 〜   3) 〜 

8)英数字は、原則として半角とする。

5.原稿は、表題、英文タイトル、本文、注、文献リストの順で構成すること。要約は不要。

6.図表は、完全版下を提出すること。本文とは別に印刷し、本文末にまとめる。本文中に挿入箇所を明示すること。

7.投稿原稿は、本文中は執筆者名を記載せず、表題、執筆者名、所属、連絡先を明記した別紙を添えて提出すること。

8.査読及び審査の結果、改稿、再提出を求めることがある。

9.査読・審査後修正の済んだ完全原稿は、電子データ(MS Word対応)及びワープロ原稿で提出すること。

10.校正については、原則として著者による責任校正を1回のみ行う。但し、この校正では誤字・脱字訂正以外は認めない。

2015514日改訂)  
Comments