お知らせ

2018年度三田社会学会年次大会のお知らせ

2018年度の三田社会学会の年次大会及び総会を下記の要領で行います。

2018年度大会プログラム


・日時:7月7日(土)12:5018:00

・会場:慶應義塾大学三田キャンパス 北館3階大会議室

・受付:12:00より(大会参加費はございません。受付にて本年度会費を申し受けます)

・共催:三田哲学会


■総会 12:5013:00


■自由報告 1300分~1440分(報告15分 質疑応答10分)

司会 有末賢(亜細亜大学)

13:00-13:25

王暁音(慶應義塾大学大学院社会学研究科)

「滞日中国人のトランスナショナリズム―高学歴人材の移動と移住」


13:25-13:50

中村香住(慶應義塾大学社会学研究科)

「新しい時代の「性の商品化」論に向けて」


13:50-14:15

阪本博志(宮崎公立大学人文学部)

「大宅壮一とそのルポルタージュに関する考察」


14:15-14:40

寺田好秀(公益財団法人東京財団政策研究所)

「理系出身者と文系出身者間の健康格差-Blinder-Oaxaca分解法による要因分解-


■休憩 14:40-15:00


■シンポジウム:「文学社会学」の可能性 15:00-18:00(発表30分×3、コメント15分×2人、全体討論)

司会:鈴木智之(法政大学)


清水学(神戸女学院大学)、

「蔵書を整理する――「社会の詩学」の立場から」

松下優一(神奈川工科大学他)

「カルチュラルスタディーズか、文学社会学かー「〈沖縄文学〉の社会学」を振り返って」

マルクス・ヨッホ(慶應義塾大学)

“How to gain symbolic capital by provocation and internationalization: Hans Magnus Enzensberger as an example”


討論者:小倉孝誠(慶應義塾大学)、近森高明(慶應義塾大学)


■懇親会 18:30-

会場:大連

会費:一般会員5000円、院生会員3000円(当日受付で申し受けます)



三田社会学会と早稲田社会学会との第1回合同企画研究会のお知らせ

下記の日程で、三田社会学会と早稲田社会学会との第1回合同企画研究会を実施いたします。
ご関心のある方はぜひご参加ください。

三田社会学会事務局
                         記

第40回早稲田社会学会研究例会(三田社会学会との合同企画)
日時:2018年5月19日(土)14時~17時
場所:早稲田大学戸山キャンパス 39号館6階第7会議室〔最寄り駅=東京メトロ東西線・早稲田〕

  報告者および題目
第1報告 報告者:髙橋かおり(立教大学・早稲田社会学会)
「文化政策から見たプロフェッショナルとアマチュアの境 界――芸術家の定義をめぐって」
 討論者:森山至貴(早稲田大学)
第2報告 報告者:後藤一樹(慶應義塾大学・三田社会学会)
「〈漂泊〉と〈定住〉の交響史――四国遍路のクロス・ナラ ティヴ研究」
 討論者:有末賢(亜細亜大学)
司会者:熊本博之(明星大学)・岡原正幸(慶應義塾大学)
参加費:無料
問い合わせ先:
早稲田社会学会事務局 河野憲一 E-mail: socio-office[at]list.waseda.jp HP: http://www.waseda.jp/assoc-wss/
                                               ([at]は@に変更して送信)


『三田社会学』第23号投稿論文および「ビューポイント」原稿募集

 編集委員会では、20187月発行予定の『三田社会学』第23号に掲載する投稿論文および

「ビューポイント」の原稿を募集しています。会員の皆様には、下の要領に従って、奮ってご

応募下さいますよう、お願い申しあげます。

 投稿論文は、A4版(40字×35行)を1頁として14頁分。ビューポイントは、4頁分(400字で10枚分)程度です。

 詳細は、『三田社会学』掲載の投稿規定、執筆要領をご覧ください。

   提出締切20182月末日厳守当日必着

   宛先:三田社会学会編集委員長 慶應義塾大学法学部 塩原良和

      Email: shiobara@law.keio.ac.jp


 投稿予告 投稿を希望する方は原稿提出に先立って、できるだけ早く編集委員長まで

      氏名、所属、連絡先(住所、電話、E-mailアドレス)、論文題目(仮題可)を

      E-mailにて送ってください。

 *投稿規定の修正に伴って、今回から投稿論文はE-mailでの提出に一本化します。

  郵送は不要ですのでご注意ください。





Comments